診療案内Treatment

花粉症・ハウスダストのアレルギー治療舌下免疫療法

花粉症・ハウスダストをはじめとするアレルギー性鼻炎は、治療を始める前に検査によってアレルギーの原因を特定し、その上で抗原回避および薬物療法を中心に治療を行います。現在、日本の花粉症患者数は増加の一途をたどり、5人に1人が花粉症といわれています。花粉症は、スギやヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなどが原因となって、目の痒み・異物感・充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状をおこし、悪化すると、咳、喉や皮膚の痒み、頭痛、倦怠感、微熱、不眠、下痢、体や顔のほてり、イライラ感など、様々な症状があらわれます。

舌下免疫療法による治療

スギ花粉症とダニ(ハウスダスト)アレルギーの治療法の一つに、舌下免疫療法があります。
スギ花粉やダニを含む治療薬を滴下し、舌下に保持させたまま2分間ほどそっとしておき、その後に飲み込みます。少量から始めて徐々に増やし、アレルギー反応を起こさないように仕向けていき、スギ花粉症やダニアレルギーを根本的に治療する方法です。

舌下免疫療法は継続的な治療が必要で、まずは2年ほどこの治療を行い、効果を確認します。そこである程度効果の見られた方には、さらに3~5年間の治療をお勧めします。舌下免疫療法で根治するのは10~20%で、程度の差はありますが、全体の70~80%の人に有効と言われます。現在のところ、スギおよびダニの舌下免疫療法を両方同時に行うことはできません。どちらかの治療を優先することになります。

その他の花粉症治療

内服薬

症状の出る前、花粉の飛散が開始する2週間前から服用します。症状が出てから薬を飲み始めるのに比べて、症状が軽く済むことが多いというデータがあります。特に鼻汁、くしゃみが強いタイプの人には効果的です。

鼻スプレー

花粉症治療の効果が強く副作用が少ないため、症状や鼻づまりが強い人には、内服薬に加えて局所スプレーを併用します

すずきクリニック 耳鼻咽喉科|耳鼻咽喉科 小児耳鼻咽喉科|名古屋市天白区
所在地
〒468-0015 
愛知県名古屋市天白区原4丁目802
電話番号
052-806-3317
診療科目
耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科
休診日
日曜日・祝日・木曜日午後、土曜日午後
診療時間
AM 8:45 - 12:00
PM 4:00 - 7:00

※ 第2・第4金曜日午前中は補聴器相談を実施しています。

ご予約・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
ネット予約

「インターネットによる当日の順番予約」も可能です。

インターネット予約をスマートフォンから行われる方は、QRコードを読み取って頂くか、アドレスを直接入力していただくと予約システムにアクセスいただけます。

スマートフォン用予約サイト:http://suzuki-jibika.mdja.jp/
初診問診票ダウンロード

ご家庭にプリンタをお持ちでない場合はクリニックに印刷物を用意しております。