診療案内Treatment

継続する「めまい」の診療めまい診療

「めまい」には、自分の周囲がぐるぐるする回転性めまいとフワフワした非回転性めまいの2種類あり、耳鼻咽喉科領域だけでなく脳が原因でおこるケースも少なくありません。そのため、総合的にめまいの検査を行い、嘔吐や頭痛の強い場合や眼振検査にて脳が原因のめまいが疑われた場合など、必要に応じて耳鼻科用CTも活用して診療にあたります。

耳鼻咽喉科 めまい診療主な病気と症状

良性発作性頭位めまい症
検査:問診、重心動揺検査、耳鼻科用CTなど

耳鼻咽喉科を受診される「めまい」のなかでも発症数が多く、比較的治りやすい疾患です。寝返りを打った時、頭を洗うために下を向いた時、ベッドから起き上がった時などにおこります。ぐるぐる目が回る感覚が強いため、恐怖感や不安感、吐き気を伴ったりしますが、聴覚トラブルはありません。内耳にある耳石器から耳石が剥がれ、三半規管の中に入り込むことによって発症するといわれています。治療は、耳石などを三半規管の外に移し、リンパ液の流れを改善してめまいを起こりにくくする頭位治療や循環改善薬、抗めまい薬などによる薬物療法が行われます。日常生活では、積極的に体を動かすようにすると、症状の改善に役立ちます。

前庭神経炎
検査:問診、眼振検査、聴力検査、重心動揺検査など

前庭神経炎は、前庭神経の炎症により平衡感覚が阻害されることでおこるとされ、突発的に自分の周囲がぐるぐるする回転性めまいと吐き気や嘔吐を伴うことが多く、症状も1週間くらい続きます。発症する数日~2週間前に、風邪などの上気道の感染症にかかっていることも多く、風邪ウイルスによる前庭神経の炎症が原因とも言われていますが、詳しい原因は解明されていません。通常2~3週間で自然に治るケースが多く、治療としては症状を緩和する薬を用いることもあります。

メニエール病
検査:問診、眼振検査、聴力検査、重心動揺検査など

メニエール病は、めまいを起こす疾患の代表であり、特徴的な症状を呈します。めまいの発作時に片側の耳鳴り、耳閉感、難聴が一緒に起こり、めまいが消える頃には、それらの症状も軽快・消失します。厄介なことに、この病気は発作を繰り返し、やがて耳鳴りや高度の難聴が残ることがあります。発作の無い時は、無症状です。原因として、内耳における内リンパ液圧の上昇が原因と言われています。現在、メニエール病を完全に治す薬はありませんが、めまいが強い時は、抗めまい薬や循環改善薬、利尿薬、ビタミン剤などを使ってめまいの軽減を図ります。めまいが強く、日常生活に支障が伴うような場合には、内耳の手術を検討します。

重心動揺検査について

当院では、重心動揺計シリーズ(アニマ)を導入しており、めまい、ふらつき、平衡障害の経過観察などが判断できる有用な重心動揺計です。検査時は、服は着たまま検査可能で、検査台の上で目を開けて1分間、目を閉じて1分間の2回、静かに立つだけで結果もすぐに分かります。

耳鼻科用CTについて

当院では、耳鼻科用3DCTを導入しており、専用の椅子に短時間腰かけて撮影するだけで、耳からのどまでの領域の高精細・高画質な画像を得ることができます。また、患者さんの動きが原因となるモーションアーチファクト(偽の異常所見)やX線照射線量を大きく減らせるだけでなく、従来のレントゲンでは評価が困難だった悪性疾患などの病変も、進展範囲や質的評価もでき、副鼻腔・中耳疾患、がんなどの診断に当たっても、ハイレベルな威力を発揮します。

すずきクリニック 耳鼻咽喉科|耳鼻咽喉科 小児耳鼻咽喉科|名古屋市天白区
所在地
〒468-0015 
愛知県名古屋市天白区原4丁目802
電話番号
052-806-3317
診療科目
耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科
休診日
日曜日・祝日・木曜日午後、土曜日午後
診療時間
AM 8:45 - 12:00
PM 4:00 - 7:00

※ 第2・第4金曜日午前中は補聴器相談を実施しています。

ご予約・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
ネット予約

「インターネットによる当日の順番予約」も可能です。

インターネット予約をスマートフォンから行われる方は、QRコードを読み取って頂くか、アドレスを直接入力していただくと予約システムにアクセスいただけます。

スマートフォン用予約サイト:http://suzuki-jibika.mdja.jp/
初診問診票ダウンロード

ご家庭にプリンタをお持ちでない場合はクリニックに印刷物を用意しております。