診療案内

いびき・睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)は、睡眠中に呼吸が止まる状態が繰り返される病気です。睡眠中に呼吸が止まると低酸素状態になるために心臓や脳に負担がかかり、高血圧や不整脈、心筋梗塞などの心疾患や脳血管障害など命にかかわる病気を合併することもあります。
また、深い眠りが妨げられるために昼間の眠気や運転中の居眠り、集中力の欠如などを引き起こし、重大な事故やミスの原因にもなりえます。

お子さんの睡眠時無呼吸症候群にも注意しなければなりません。
4〜6歳前後の幼児期はアデノイド、口蓋扁桃肥大が顕著で気道が狭くなってしまい、口呼吸、鼻つまり、イビキ、無呼吸となっている場合があります。具体的に症状を伝えられないために寝起きが悪い、おねしょをする、落ち着きがない、食事に時間がかかり食べる量が少ないなどの症状が目立ち、睡眠中の成長ホルモン分泌低下の原因にもなります。

症状

  • いびきが大きい
  • 熟睡できず、日中よく眠くなる
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 寝ても疲れが取れない、朝起きた時に頭が重い、頭痛がある
  • 睡眠時に「呼吸が苦しそう」あるいは「呼吸が止まっている」と指摘されたことがある。

原因

睡眠時無呼吸症候群(SAS)のほとんどは、上気道と呼ばれる空気が通る道が狭くなり、呼吸が止まってしまうことが原因になります。

  • 肥満体
  • 痩せていても顎が小さい
  • 扁桃腺が大きい
  • 鼻つまり

加齢、毎日の飲酒、睡眠薬の服用なども筋緊張の低下を起こしSASを悪化させます。

検査と治療

すずきクリニック耳鼻咽喉科では、ご自宅で寝ながら検査可能な専用機器を使用した検査を行い、検査後にデータを解析し診断し、必要な治療を行います。

CPAP療法(Continuous Positive Airway Pressure:持続陽圧呼吸)

CPAP療法は、閉塞型睡眠時無呼吸症候群治療の第一選択として、多くは中等症~重症症例の治療に主に用いられます。睡眠時に鼻マスクを装着し、小型の機械から一定の圧力をかけた空気を送ることで閉塞した気道を広げ、無呼吸を防ぎます。CPAPを装着したその日からSASの症状が解消されるため、スッキリした目覚めにより日中の眠気もなくなり継続治療を続けることで睡眠の質の向上、血圧低下などの効果が期待できます。
最近、いびきや日中の眠気、熟睡できず疲れもとれないなど感じることがございましたら、まずは気軽にご相談ください。

すずきクリニック 耳鼻咽喉科|耳鼻咽喉科 小児耳鼻咽喉科|名古屋市天白区
所在地
〒468-0015 
愛知県名古屋市天白区原4丁目802
電話番号
052-806-3317
診療科目
耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科
休診日
日曜日・祝日・木曜日午後、土曜日午後
診療時間
AM 8:45 - 12:00
PM 4:00 - 7:00
ご予約・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
ネット予約

「インターネットによる当日の順番予約」も可能です。

インターネット予約をスマートフォンから行われる方は、QRコードを読み取って頂くか、アドレスを直接入力していただくと予約システムにアクセスいただけます。

スマートフォン用予約サイト:http://suzuki-jibika.mdja.jp/
オンライン診療

curon(クロン)を利用したオンライン診療を行っております。

初診問診票ダウンロード

ご家庭にプリンタをお持ちでない場合はクリニックに印刷物を用意しております。